ANA VISAワイドゴールドカード、またはANA VISAプラチナプレミアムカードはお持ちですよね?

ANAマイラー必携のこのANAカードはリボ払いの利息が発生した月は更にボーナスポイントが追加されるという特徴があります。

リボ払いと聞くと利息が高いイメージがありますが、毎月ギリギリの利息を発生させるように手続きを行うことで、もらえるマイルを最大化できます。

具体的にオンラインでどう操作していけばよいのかを詳しく解説します。

Vpassにログイン後の具体的な操作方法

ANA VISAカードは三井住友カードが発行するカードなので、三井住友カードの会員システムであるVpassで手続きを行います。

Vpassって何?という方は、三井住友カードに問い合わせてください。

 

毎月20日~月末にトップページを開くと、中央に以下のようにお支払い金額が表示されています。今回の例では、毎月の支払い金額を3万円に設定しているため、3万円と前月の利息1円の合計30,001円が支払金額となっています。

ここの「お支払い金額の変更は○月△日まで」と書かれたところの、日付をクリックします。

トップページでの操作

日付をクリックすると、「利用後変更サービス」の画面が開きます。

ここで緑の大きなボタンが2つ表示されているのですが、そのボタンではなく、下にある「リボ払い臨時のお支払い方法変更」をクリックします。

リボ払い画面での操作

「マイ・ペイすリボお支払い方法変更」の画面が開きます。

利息が発生しないように、多く支払う場合は「増額を申し込む」のボタンをクリックします。

逆に、最低支払い額以下の利用だった場合にボーナスポイントをもらうために支払額を減らす場合は、右にある「減額を申し込む」のボタンをクリックします。

臨時増額の申込

「マイ・ペイすリボのお支払い方法増額(減額)申込」のページが開きます。

「次回お支払い金額」のみの変更を行うため、上のラジオボタンを選択して、次に進みます。

次回のみ増額の申込

実際に増額(減額)する金額を指定する画面が開きます。

「追加お支払い可能額」というところが、今回の支払い後に残る残高なので、この残高を「利息が発生するギリギリの金額」に設定します。

利息が発生する金額を残して追加

いくら残せば利息が発生するのかは計算すれば細かい数字がわかるのですが、私は余裕を持って500円以上1500円未満を残すようにしています。

※ちなみに、1000円あたり12円ほどの利息が発生します。

この例では、4万0千円を追加することで857円を残し、それに対する1ヶ月分の利息を発生させています。

最後に、確認画面が表示されるので「申し込む」をクリックします。

 

申込最終確認

申込を確認するメールが届き、翌日にはVpass上の支払い金額にも反映されています。

陸マイラーにとってもはや毎月の儀式ですね。

最初はどこから申し込めばよいのかわかりにくいのですが、慣れると毎月ササッとできるようになります。

ANA VISAカードで貯まるマイルを最大化するためにはマイ・ペイすリボの利用は必須

マイ・ペイすリボの利用は、マイルを最大化するには必須なのです。

マイ・ペイすリボの利用で年会費が安くなる

ANA VISAプラチナプレミアムカード以外の、ANA VISAワイドゴールドカードやANA VISA スーパーフライヤーズカードはマイ・ペイすリボを利用することで年会費が安くなります。

マイ・ペイすリボの利用で年会費が安くなる

ワイドゴールドカードやスーパーフライヤーズゴールドカードの場合は3500円+税も安くなるので、結構大きいですよね。

毎月10円前後の利息が発生したとしても、この年会費の割引があればお得なのは間違いないです。

マイ・ペイすリボの利用でボーナスポイントがつく

マイ・ペイすリボを利用して利息が発生した月は、通常のポイントと同額のボーナスポイントがもらえます。

通常ポイントは1000円で1ポイント(=10マイル)なのですが、更に1ボーナスポイント(=4.05マイル/注釈参考)がもらえるので、1000円で14.05マイルというになるのです。

これは還元率でいうと1.405%となり、全てのカードの中で最も高いANAマイル還元率になります。

(更に、年間50万円以上使う方は更にボーなるポイントが付与されます)

詳しくは、各カードのページをご覧いただければと思いますが、なぜ「マイ・ペイすリボ」が必須なのかおわかりいただけたかと思います。

注釈:1ボーナスポイントを4.05マイルにする方法

通常、ボーナスポイントは1ボーナスポイント=3マイルとなっているのですが、ソラチカ・LINEルートの利用で1ボーナスポイント=4.05マイルになります。

ワールドポイントプレゼントのポイントはハピタスなどのポイントサイトからANAマイルにポイント移行する際のルートでもあるので、陸マイラー活動をしていく中で何度も行うポイント交換です。

ポイント交換の際は、通常のポイント(1ポイント=10マイル)を絶対に交換しないように注意してくださいね。これが4.05マイルになったら、泣きます。

ポイント残高

Vpassのポイント残高確認画面の「プレミアム・ボーナスポイント残高」がソラチカ・LINEルートに乗せるポイントです。

ポイント交換を行うとプレミアム・ボーナスポイントが優先的に使われるので、このポイント残高よりも少ないポイント数をポイント交換するようにすれば、通常ポイントを間違えて交換してしまうことがなくなります。

まとめ:リボ払いは計画的に

リボ払いは計画的に行う必要があります。

毎月月末は返済金額を調整するのを忘れないようにしましょう。

マイルを貯めているつもりが、気づいたら利息をたくさん払う羽目に・・・となったら悲しいですよ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事