これはまだあまり知られていないようなのですが、家電量販店でANAマイルを貯める方法があります。

しかも、通常よくある還元率1%とかではなく、6%を超える還元率となるのでこれは見逃せません。

もちろん、誰でも簡単に得られる還元率なので、利用しないのはもったいないですよ。

この記事では、どうしたらその高い還元率を得られるのか解説します

家電量販店で高い還元率を得る方法

では、どうすれば家電量販店の買い物で6%ものポイントを得ることができるのか、解説します。

対象の店舗はビックカメラ、ソフマップ、コジマ

この高い還元率を得られる店舗は、以下の3つの店舗です。

  • ビックカメラ
  • ソフマップ
  • コジマ

日本中に展開しているので、どこの地域の人でも使うことができそうですね。もちろん、オンラインショップも対象です。

なぜなら、今回のポイントはビックカメラポイントをマイルに変えるというもの。

ビックカメラのポイントがANAマイルに変わるって知っていましたか?

ビックカメラポイントからANAマイルへの交換ルート

ビックカメラポイントからANAマイルへの交換ルートは以下のとおりです。

ビックカメラポイントからANAマイルへのルート

ビックカメラ(100%)→キューポ(66%)→Gポイント(66%)→LINEポイント(66%)→メトロポイント(60%)→ANAマイル(54%)

 

ビックカメラポイントといえば、10%もの高い還元率ですよね。家電量販店のポイント還元率はとても高く、このポイントがANAマイルになると考えると驚きです。

Gポイントへの会員登録が必要なので、登録がまだの方は下のボタンから登録しておきましょう。このボタンから登録することで、ボーナスポイントももらえるようになっています。

必要なカードは「ソラチカカード」と「ビックカメラ JQ SUGOCAカード」

この高い還元率を得るために必要なカードが2つあります。

それが、ソラチカカードとビックカメラ JQ SUGOCAカード。

ソラチカカードは他のポイントサイトからのポイントをANAマイルに変えるためにも大変重要なので、ANAマイルを貯めるのであれば絶対に持っておきましょう。

ビックカメラ JQ SUGOCAカードは、ビックカメラとJR九州が共同で発行しているクレジットカードで、2年目以降は年会費がかかりますが1年に1回でも使えば無料になるので、実質年会費無料のカードです。

このカードを持っておくことで、ビックカメラポイントがキューポに66%の交換率で交換できるようになるのです。

還元率とマイルの価値を考えてみる

家電量販店のポイント還元率は高い

この6%もの還元率を支えているのは、ビックカメラの10%ものポイント還元率。

家電量販店のポイント制度はヨドバシカメラが始めたと言われていますが、今やどこの家電量販店も10%前後の高いポイント還元率があります。

しかし、ほとんどはその店舗の中でしか使えないポイントであり、しかもポイントでの支払いに対してはポイントがつかないので、実質的なポイント価値は1ポイント=0.9円と言われています。

しかも、家電量販店での買い物は高額になることが多いですよね。

10万円のパソコンだったり、5万円の冷蔵庫だったり、それに対して得られるポイントも高くなります。10万円の買い物でもらえるポイントは1万ポイント、これは5400ANAマイルになります。クレジットカードの決済でマイルを貯めても10万円では1500マイル程度なので、どれだけ高いのかおわかり頂けるかと思います。

パソコンやカメラが趣味の方は一回で50万円~100万円使うこともあるのではないでしょうか。

ANAマイルの価値とは

別の記事でも解説しましたが、ANAマイルの価値は1マイル≒2~3円というのが私が実際に使ってみた感想です。

ビジネスクラスではなく、ファーストクラスの航空券に交換すれば1マイル≒10円を超えることもあります。

ただ、還元率でいろいろ考えるよりも、個人的には「自腹では乗れない高いサービスを受ける体験ができる」というところが大きいと思っています。

普通に過ごしていたら、搭乗前にANA、ラウンジで美味しいご飯をいただくことも、

ANAラウンジ

フルフラットのシートでヨーロッパに行くこともなかったと思います。

庶民の私にはビジネスクラスなんて、自腹で乗ろうとは思えないですもん。笑

ポイントサイトとのポイント2重取りで8%を超える還元率に

さらに、ビックカメラはポイントサイト「ハピタス」を経由するとハピタスのポイントもゲットすることができてさらにお得になります。

ハピタス「ビックカメラ」

通常0.6%ですが、たまに画像のように期間限定で1.8%還元になっています。

もちろん、このハピタスのポイントもANAマイルに変えることができます。

 

しかも、オンラインでの購入の場合はどんなクレジットカードを使っても10%還元なのが嬉しいところ。

なので、例えばANA VISA プレミアムプラチナカードで支払った場合の最終的な還元率は

  • ビックカメラポイント10% = ANAマイル5.4%
  • ハピタスポイント1.8% = ANAマイル1.458%
  • ANA VISAプレミアムプラチナカードの還元率 ANAマイル1.905%

これを合計すると、最大8.763%ものANAマイル還元率になるのです。

家電やIT機器の他に日用品の購入も可能

ビックカメラというと、電気製品を買う場所というイメージも強いと思います。

でも、ビックカメラのウェブサイトを見てみてください。

もちろん家電やIT製品がメインですが、キッチン用品やコンタクト、日用品など数多く取り揃えています。

ビックカメラの幅広い商品ラインナップ

シャンプーや歯ブラシを買っても、ノートを買っても、10%のポイント(=5.4%のANAマイル)還元なのです。

もちろんオンラインでの買い物であれば、日本全国送料無料で自宅まで配送してくれます。

これ、知らなかったらかなり損をしていることになってしまいますね・・・。

ビックカメラでANAマイルをどんどん貯めよう

ビックカメラでANAマイルを貯める方法は「ソラチカカード」と「ビックカメラ JQ SUGOCAカード」を持っていることが条件になります。

逆にいえば、このクレジットカードを持っているだけでANAのマイルがどんどん溜まっていきます。

買い物はできるだけビックカメラで、これが陸マイラーの新常識です。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事